内科という場所がどういう場所であるかを理解する

内科という場所は何があるのか

内科と聞いて何を思いだしますか?内科という場所は、体の不調を感じたらまず行く場所として、その地域ごとに住んでいる人の駆け込み寺的存在になっています。基本的には風邪などの症状になってしまった人や、人にうつるような症状の人が多くかかる場所ですので、内科にかかる時は必ずマスクを着用していきましょう。これは病院に行く際のマナーになります。特に、熱や人にうつる症状の人は必須ですし、うつる症状のない人も、病院に胃ってうつされる事がないように予防の意味もあります。

内科と小児科の関係は

内科の中には、小児科も併せて診てくれる病院も多くあります。そういう場所には子供も沢山きますし、子供の持っている菌というのはとても強いのでうつりやすいです。しかし、子供はマスクなどをするのを嫌がります。マスクがつけられない位小さい子もいます。そういう子に限って咳やくしゃみなどを連発してしまうこともありますので、予防できる、マスクを着用できる人がなるべく着用してうつらないように予防をしましょう。そうする事で蔓延を防ぐ事もできます。

待ち時間に対する取り組み

風邪以外にもうつる症状の人はいます。そんな患者さんの場合は、事前に病院に連絡をしてから病院の指示を仰ぎましょう。中には、来院してすぐに別室に案内される場合もあります。インフルエンザの疑いがあったりする人はこのような措置をとる場合があります。内科には症状がうつるような症状ではない人も沢山来院されますので、近年ではなるべく患者が長く病院で待たないように、ネットなどで予約を取れるようにして待ち時間削減の取り組みをされている所もあります。

三鷹の内科では、風邪をはじめとした幅広い症状に対応しており、適切な治療を通して症状の改善を図れます。