「安い!」「確実に解決」などのうたい文句には要注意

誇大広告する美容外科は信頼度低め

どんなにオープンな環境が整ったと入っても、美容外科が医療機関であることには変わりはありません。そこで働くドクターは、どんな医療にも絶対の確実性はなく、最悪の場合にはトラブルが生じるという責任を負って施術を行っているのです。そのため、少々高い施術料を受け取り、そしてデメリットも伝達した上で施術を行うのです。にもかかわらず、安易な言葉を軽々しく使って、誇大広告する美容外科というのは、訪れる人びとをお金を落とす金の卵としか見ていない証拠だといっても過言ではないのです。

エステと美容医療は方針が違う

また、このような美容外科では、ほとんどのケースで設備投資に積極的でなかったり、働いている技術者の腕があまり良くないという場合も多く見られます。誇大広告を打つのは、何も美容外科に限りません。むしろエステティックサロンなどの施術の方が、このような広告を打つことが多いのです。大規模なエステの場合は、資金が豊富なため、多少は信頼できるかもしれませんが、大抵は美容外科とは経営方針が違うため、このようなことを行う場合が多いと考えられます。

こんな文句にご注意!

美容外科クリニックは、クオリティこそ命ですが、エステティックサロンの場合は顧客の満足度が全てなので、安い料金提示もお店のアピールするための一つなのです。そのために、多少キャッチーな言葉(確実に解決など)で誘惑し、少しでも多くの顧客を呼び寄せようと考えている傾向があるのです。やはり自身の大切な肌を預けるわけですから、「どこのクリニックよりもお安い費用で提供!」などの誇大広告にはくれぐれも注意しましょう。

恵比寿の美容外科は、東京メトロ日比谷線の恵比寿駅4番出口から徒歩3分の所にあり、アンチェイジングを専門に行うプライベートクリニックです。